サービス・製品Service Products

抜け・漏れ・不具合撲滅サービス

システム開発におけるトラブルの原因は上流工程での不備がほとんどです。
JIECは上流工程のドキュメントを精査し、ドキュメントの不備を撲滅します。

このようなトラブル起こっていませんか?

仕様変更が多発するトラブルの原因は、ほとんどが上流工程(要件定義書・外部設計書)の不備にあります。

手戻りの発生 増大するコスト 遅延するスケジュール

トラブル・プロジェクトを撲滅しませんか?

上流工程(要件定義書・外部設計書)の不備を撲滅するにより、それに続く製造工程、テスト工程での手戻りを抑止し、計画どおりのプロジェクト完了につなげます。

手戻りの抑止 見積もり通りのコスト スケジュール遵守

抜け・漏れ・不具合撲滅サービスの特徴

システム開発経験の豊富な技術者が、STAG社(インドのテスト専業社)の開発したテスト方法論(HBT:Hypothesis Based Testing) を活用し、ドキュメントを精査します。

  • 「仕様漏れ、要件と仕様の矛盾、仕様変更」の発生を防止します。
  • 「設計ドキュメント間の矛盾」を洗い出します。
  • 「記載していないが常識」という設計不備や「思い込み」による誤解を洗い出します。
  • レビューでなくテストの観点(システム品質の確認観点)でのドキュメント精査です。
  • サービスでの作業内容は、そのまま継続してテストケース作成にも流用できます。

サービスの流れとドキュメント精査の観点

サービスの流れとドキュメント精査の観点

価格表

ご提供価格としては、次の2パターンからお選びいただけます。

パターン1 基本料金は比較的低額に設定し、指摘事項毎に料金を加算します。 パターン2 指摘事項数に関わらず、基本料金だけを設定します。

品質が良く補てん的な意味合いでドキュメントの精査を実施する場合はパターン①が、ドキュメントの品質に問題があり不具合を多く洗い出したい場合はパターン②が適しています。

抜け・漏れ・不具合撲滅サービス
に関するお問い合わせはこちら

ご質問、ご相談、お見積の依頼など
お気軽にお問い合わせください。

「抜け・漏れ・不具合撲滅サービス」担当
TEL:03-5326-3870

お問い合わせ
お問い合わせ