サービス・製品Service Products

アドバンスドESB構築サービス for IBM® Integration Bus

概要

アドバンスドESBは、企業内の情報システム、そしてクラウドなどの新しいIT技術を連携する基盤です。ERPパッケージやWebシステムなど、接続する通信プロトコル、そしてデータの構造や表現が異なるアプリケーションの連携を容易にするため、データを変換するロジックや宛先のルーティング情報を集中管理します。
アドバンスドESB構築サービスは、高い信頼性を持つIBM Integration Busをベースに、各種の連携テンプレートと連携アダプタ、そして豊富な導入経験と構築のノウハウを盛り込んだサービスです。

アドバンスドESB構築サービス for IBM Integration Busの特長

活用事例

デジタル技術の活用で顧客サービスを向上

顧客対応力の強化と業務効率の向上を目的に、現場社員が顧客の登録情報をモバイルで確認、そして受付業務や決済業務を行えるなど、基幹業務における新しいIT技術の活用を実現しました。そのためには、モバイルと基幹情報システムにある情報や業務処理を繋いで、リアルタイムに呼び出すことが求められます。JIECが持つ経験とノウハウを基に最適な標準化を行い、この連携基盤の構築を短期間で実現しました。

ERPパッケージと周辺システムの連携

グローバル化の対応と経営基盤の強化を目的に、販売管理・在庫/購買管理の基幹システムをERPパッケージで刷新、 その際に周辺の既存の物流、EDI、会計など多数のシステムとのデータの連携が課題となりました。 個別のインターフェース開発では期間的、そして周辺のシステムに対する影響からも無理があります。幅広いシステム間の連携、高い開発効率、そして保守性や拡張性にも優れたIBM Integratoin Busを利用した連携基盤を構築することで、この課題を解決しました。

導入フロー

  1. 現行I/F仕様
    の調査
  2. I/F標準化、
    連携方針
    の策定
  3. 方式設計
  4. 連携基盤、
    汎用機能
    の実装
  5. 連携フローの
    実装、テスト

アドバンスドESB構築サービス
for IBM Integration Bus
に関するお問い合わせはこちら

ご質問、ご相談、お見積のご依頼など、
お気軽にお問い合わせください。

株式会社JIEC
営業本部 ソリューションビジネス営業部

TEL:03-5326-3983

お問い合わせ
お問い合わせ