セミナー・イベントSeminar / Event

日本アイ・ビー・エム株式会社 & 株式会社JIEC共催セミナー
SalesforceもSAP®もカンタン接続! 事例から学ぶデータ連携の勘所

終了

概要

ハイブリッド・クラウドやマルチ・クラウドの採用が進む中、企業が使用するデータはあらゆる場所に分散して存在するようになりました。例えば、オンプレではSAP®やOracle® EBS等のERPが稼働し、クラウド上でSalesforceやConcur®等のSaaSソリューションを活用されているお客様も増えています。また、これまでオンプレにあったERPや基幹システムをクラウドに「リフト」する流れも加速しています。

デジタル変革が進む中、ビジネスのスピードに合わせて新しいサービスを継続的にリリースするためには、このように社内外に分散したシステムやデータをスムーズかつ安全に連携する必要があります。また、事業部門の担当者が、IT部門に頼らなくても、必要な時に必要なデータを入手して業務を推進したり、データ分析を行いたいというニーズも高まっています。

「事例から学ぶシステム連携の勘所」セミナーでは、マルチクラウド時代に最適な最新のデータ連携ソリューションをご紹介します。また、データ連携プロジェクトをいくつも経験している株式会社JIECから、SAPやSalesforce等の連携ユースケースごとに活用事例をご紹介します。今後のデータ活用に役立つヒントが満載です。ぜひ奮ってご参加ください。

開催案内

日時
2019年3月15日(金)14:30-17:00 (受付開始14:00)
会場
日本IBM本社事業所 (東京都中央区日本橋箱崎町19-21)
主催
日本アイ・ビー・エム株式会社
参加費
無料 / 事前登録制
対象
・オンプレ=クラウド間や、クラウド=クラウド間でデータ連携を行いたいお客様
・システム間でデータの自動同期を行いたいお客様
・リアルタイムのデータ連携を行いたいお客様
・クラウド(SaaS)で提供されるデータ連携ソリューションを検討中のお客様
・事業部門主体で簡単にデータ連携を行いたいお客様
プログラム

14:30-15:30
マルチクラウド時代、ビッグデータ時代のデータ連携の進め方


クラウドやSaaSの採用が増える中、迅速なデータ連携に課題をお持ちのお客様が増えています。このセッションでは、デジタル変革が進む中で、お客様が直面するさまざまな課題をご紹介し、スムーズなデータ連携やシステム統合を実現する最新のIBMソリューションをご紹介します。2019年2月にサンフランシスコで開催されたIBMの統合イベント「Think 2019」で発表された最新情報についてもお届けします。

日本アイ・ビー・エム株式会社
IBMクラウド事業本部 Cloud Integration セールスリーダー 纓坂 進

15:30-15:45
休憩


15:45-16:45
SaaS連携事例に見る基幹システム活用のヒント


マルチクラウド時代になり、ますますデータ連携のニーズは高まっています。このセッションでは、さまざまなプロジェクトに携わった経験豊富な株式会社JIECから、データ連携のユースケースごとに、お客様の課題、システムの概要、導入効果をご紹介します。ご紹介するユースケースは、SAPとSalesforceのオンライン連携、SAPとSalesforceのバッチ連携、Concur連携などを予定しています。また、開発の画面イメージもあわせてご紹介します。

株式会社JIEC
ビジネス企画開発本部 ソリューション企画・販促部 チーフスペシャリスト 内匠 康博

16:45-17:00
質疑応答/クロージング

本セミナーに関する
お問い合わせはこちら

株式会社JIEC 基盤営業部
TEL:03-5326-3983

お問い合わせ