導入実績Case

日々の生活をシステムインフラから支える
IT基盤サービス

現在、ITは企業だけでなく、社会や経済にも深く関わっており、我々の生活になくてはならないものになってきています。そのシステムがますます巨大化・複雑化し、システムの”土台”となるIT基盤の重要性は非常に高くなっています。
急成長を続けるクラウド市場が実用段階を迎え、その利用形態やサービスが多様化していく中、セキュリティや性能・コンプライアンス等の観点でオンプレミスもその価値・重要性はより高まっています。
企業はIT技術・サービスのメリット・デメリットを理解し、ITインフラの最適化を行っていく必要があります。

JIECの強み

JIECの強み

お客様の課題解決

構築実績

構築実績

JIECは創立以来、IBMが展開するテクノロジーを技術の柱として、様々なお客様のシステム構築・保守を行ってまいりました。 これからも、メインフレームから始まり、クライアント/サーバー、WEBシステム、クラウド、そしてそれらのシステムの連携等、非機能要求(可用性、運用・保守性、性能・拡張性等)を踏まえたワンストップのサービスを提供いたします。
「基盤のJIEC」は、IT基盤の側面から、お客様のサービス向上とシステム安定性向上を支援いたします。

インターネットバンキング

都銀におけるインターネットバンキングシステムを更改

基盤の増強及びシステムアーキテクチャ刷新に伴いトランザクション処理量を大幅に向上させました。また、災害発生時のシステム切替時間を半分に削減しました。

信販会社システム

新規統合基幹システム構築、および長年に渡る保守対応を実施

高品質なシステム構築・保守により、稼働以来、高い信頼性と安全性を維持しています。「24時間・365日オンライン」により、多種多様な業務をスピーディーかつ正確に処理し、より良い顧客サービスを実現しました。

地銀の共同化システム

地銀複数行で利用する勘定系共同化システムの基盤エリアをイニシャルから構築し、維持保守も対応

共同化による人材の有効活用、システム運営ノウハウの集約を行い、横断的な品質チェック機能によりシステムの安定化・省力化に寄与しました。共同化システムの利用拡大へ大きく貢献しました。

クラウド(SaaS)・ERPパッケージ連携

自社製CRMシステムをクラウドサービスへ移行時、クラウドサービスとERPパッケージとの連携基盤を構築

今までの自社製CRMシステムで課題となっていた、機能追加時における関連システムへの影響の最小化と開発期間の短縮を実現し、お客様接点におけるサービスレベル向上を図りました。また、この連携基盤を活用し、パートナー企業との連携を行うことも実現し、パートナー企業の拡大にも寄与しました。