JIECロゴ
統合を視野に入れた、情報システムのご提供


サービス&製品

「継続的デリバリーソリューション
(CA Technologies社製品)」
に関する お問い合わせ先

株式会社JIEC 「CA 製品」担当
TEL: 03-5326-3900


お問い合わせ


継続的デリバリーソリューション(CA Technologies社製品)

CA Technologies社の継続的デリバリーソリューションは、「サービス仮想化」機能と「リリース自動化」機能を中心に、テスト・リリース工程におけるDevOpsを支援し、生産性向上を実現します。

システム開発におけるボトルネックは、テスト・リリース工程

新たなビジネスニーズにITをタイムリーに呼応させていくためには、アプリケーション開発・リリースサイクルの「迅速さ」をこれまで以上に加速させる必要があります。
とりわけ、システム開発の大部分を占めるテスト工程の生産性向上が大きな鍵となります。例えば、テストの自動化は、生産性向上を目的とした施策としてしばしば取り上げられています。 また、作業フローが煩雑にも関わらず、短時間での作業完了を求められるリリース工程は、品質を維持しつつリリース頻度を増やすことが困難となっており、DevOpsが叫ばれる昨今では、より一層の改善が求められています。

CA DevTest Solutions & CA Release Automation とは?

「CA DevTest Solutions(旧 CA LISA)」は、アプリケーション開発において生産性向上が求められる「テスト工程」を、「CA Release Automation」は「リリース工程」を主に支援するCA Technologies社製品です。それぞれの製品は、以下の機能で構成されています。

      
  • 「CA DevTest Solutions」
  • ・「CA Service Virtualization」(テスト環境の仮想化)
    ・「CA Application Test」(テストの自動化・負荷テスト)
    ・「CA Continuous Application Insight」(モニタリング)
  • 「CA Release Automation」(リリースの自動化)
CA DevTest Solutions & CA Release Automationとは?テスト環境の仮想化、テストの自動化・負荷テスト、モニタリング、リリースの自動化

CA Service Virtualization


テスト工程の生産性阻害要因「制約」

以下に挙げた3点は、従来からテスト工程の生産性を阻害している典型的な「制約」です。「CA Service Virtualization」は、これらの「制約」をテスト工程から除外し、生産性向上を実現します。

利用時間の制約

連携先システムの利用時間が限られているようなケース(例:メインフレーム等のクリティカルなシステム) 。システム間連携に関するテストケース消化が困難。

利用不可制約

連携先システムが未完成のため、テストが進められないケース。連携先システムの完成まで待つか、スタブ等の代替手段で対応する必要があり、準備期間が長期化。

コスト制約

旅行システム(GDS)や決済サービスといった外部サービスと連携する場合に従量課金が発生するケース。予算・コスト削減の理由から、システム間連携に関するテストケース消化が困難。

制約の解決手段「Service Virtualization(サービス仮想化)」

「CA Service Virtualization」は、Service Virtualization(サービス仮想化)機能を用いて、制約を持つ連携先システムを正確に、短時間で仮想化します。CA Service Virtualizationが提供する「仮想サービス」を利用することで、実際に連携先システムを利用することなく、制約に縛られずにテストを実施することが可能になります。
仮想サービスは、以下の"ふるまい"を再現します。

  • リクエスト電文とそれに紐づくレスポンス電文の内容(例:SOAPのXMLデータ等)
  • 連携先システムの応答時間
制約の解決手段「Service Virtualization(サービス仮想化)」

サービス仮想化がもたらす効果


テストを中断しない

連携先システムが原因のテスト中断を解消します。CA Service Virtualizationの仮想サービスをテストチームの管理下に置くことができるため、連携先システムに依存したスケジュールからの脱却が可能になります。

コスト・工期の削減

システム間連携に伴う各種調整、及び外部システムへのトランザクション発生によるコスト削減を実現します。また、結合テストのテストケースの一部を単体テストで前倒し実施するなどの施策により、工期を短縮することが可能になります。

従来不可能なことを実現可能に

連携先システムの「制約」により、例えば負荷テスト時の高負荷が禁止されるような場合、CA Service Virtualizationを用いることで、「制約」が原因で網羅困難だったテストケースの実施が可能になります。テストケースの充分な実施により、システムの品質向上を実現します。


DevOps実現ソリューションについて詳しく知りたい方は…

「CA Service Virtualization」の詳細な説明やデモをご希望の方、また「CA Application Test」や「CA Continuous Application Insight」、「CA Release Automation」についてご興味をお持ちの方は、下記お問い合わせ窓口までご連絡ください。

当サービスのお問合せはこちら


お問い合わせ ご質問、ご相談、お見積の依頼などお気軽にお問い合わせください。
株式会社JIEC 「CA 製品」担当
TEL:03-5326-3900

* 「CA DevTest Solutions」「CA Release Automation」は、CA Technologies社の製品です。
* 株式会社JIECは、「CA DevTest Solutions」「CA Release Automation」の販売代理店です。
* 製品、サービスの仕様・性能は予告無く変更する場合があります。予めご了承ください。
* 記載の会社名、製品名、サービス名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。