JIECロゴ
統合を視野に入れた、情報システムのご提供


沿革

1985年
9月 株式会社CSK(現SCSK株式会社)と日本アイ・ビー・エム株式会社の合弁企業として、日本インフォメーション・エンジニアリング株式会社(現株式会社JIEC)設立。
1988年
4月 情報サービス産業協会(JISA)に加盟。
11月 「SI税制適用企業」(SI企業)認定を通商産業省から受ける。
1991年
11月 通商産業省の「システム監査企業台帳」へ登録される。
1993年
4月 統合化CASEツール(ADW)のVAR契約を締結、CASE導入コンサルティングサービス業務開始。
1994年
4月 ロータス社とLotus Notes VAR契約を締結。
12月 情報処理技術者資格の保有率が全社員の80%を突破。
1995年
7月 SAP社とR/3ナショナル・パートナー契約を締結。
1996年
2月 全社員に1人1台のPCを配布。社内情報インフラ(JII)を整備。
11月 自社パッケージ「ISOBRAIN」を開発。
1997年
3月 本社部門、及び金融システム事業部においてISO9001を認証取得。
1998年
10月 米国IBM社とソリューション・デベロッパー・アライアンス契約を締結。
1999年
3月 スターリング・ソフトウェア・アプリケーションズ社とCOOL製品SIパートナー契約を締結。
5月 本社を西新宿三井ビルに移転。
10月 ブロードビジョン社とECサイト構築ツールOne-To-OneのSIベンダー契約を締結。
2000年
4月 商号を株式会社ジェー・アイ・イー・シーに変更。
9月 NEON社とEAIツール販売契約締結。
11月 コンピュータ・アソシエイツ社とCOOL製品販売代理店契約締結。
全社全部門においてISO9001の認証を取得。
2001年
3月 日本キャンドル社とEAI管理ツール市場で販売提携。
7月 東京証券取引所市場第二部上場。
2002年
3月 CSK関西システム株式会社を事業統合。
2003年
1月 日本アイ・ビー・エム株式会社とIBMビジネスパートナー契約(SIBP)を締結
2005年
6月 日本コンピュウェア社と「Compuware Changepoint PSA」
販売・導入・カスタマイズに関する業務提携。
2006年
8月 東京エレクトロン社と「Sensage」販売で提携。
2008年
7月 「Log Shelter(ログシェルター)」が「ASP・SaaS安全・信頼性に係る情報開示認定制度」の認定を取得。
2009年
6月 商号を株式会社JIECに変更。
2010年
1月 SAP ERP対応のアップグレード分析ツール「JIEC Visualizer」を自社開発。
2014年
11月 ガイドワイア社PartnerConnect提携プログラムに参画。
12月 ネットワールド社とEMM製品「MaaS360」販売で提携。
2016年
6月 監査等委員設置会社へ移行。
2017年
2月 SAP HANA®対応の移行分析ツール 「JIEC Visualizer for SAP HANA®」サービス提供開始。